スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

蚊に喰われるという悲劇。

 つい三日前くらいだったか、蚊に、喰われた。悲劇だなどと何を大げさな、と思う方もおられるかもしれないが、これは悲劇だ。確実に。悲劇以外の何者でもない。喰われたのは足だ。しかも3箇所。土踏まずに近い場所から足首にかけて、一辺2センチ5ミリほどの正三角形がきれいに描かれている。
 喰われた当初、激痛と表現していいほどの電流が、土踏まずからふくらはぎに駆け上がった。続いてチクチクチクチクと、束ねた縫い針で、正座のしすぎで痺れた足の土踏まずを軽く突つかれるような感覚。
 そして気付いた。「痒い!」
 その感覚は徐々に、足の甲、足首、しまいには足の裏にまで広がってゆく。それと同時に、心の深い闇から、ふつふつと沸き上がる感情、憎悪。積年の恨み。
 なぜ私ばかりを付けねらう! 他にも人間は数多いるだろうに! なぜ私ばかりが犠牲になる! O型だからか!? 他人より体温が高いからか!? ええい!そんなものが理由になるか!! 次に会ったが百年目! 貴様の息の根止めてやる!!

----そう思ったのが三日前。未だ犯人は捕まらず(ちゅうかもう無理だろ)。そして、一旦は引いた痒みが、またしてもぶり返してきた。そしてきっと、続くのだ、この痒みは。そして跡が残る。季節が変わっても消えない跡が。(跡が残りやすい質なのか、夏の初めに喰われた跡がまだある…)
 これを悲劇と言わずして何と言う。この恨みをどこへぶつければいい。きっともう犯人は見つからない。あと私に残されているのは、犯人が蚊取りノーマットに敗北している事を切に願う道しかないのだ。

                  おわり


…あー…久々にくっだらない題材で真面目な(?)文章書いた~。たのしかった。高校時代の小論文を思い出す…思えば、あたしの書く小論の題材って、わりとこんなのばっかだったような……ん?そうでもないか?? テーマが「教室」ってのだった時、襲い来る「睡魔」について、如何に抗い難いかの論説をぶった記憶が…内容ぜんぜん覚えてないけど。
けど、その小論書いた直後、二人の教師が生徒に「眠くなるのは仕方ないけど、寝るなら寝るで分からないように寝ろ」と、同じ内容の事を言ったのは、あれは単なる偶然だったのか、それともあたしの小論を…ってのは、ちょっと自意識過剰かなぁ。

スポンサーサイト

2005.10.07 | Comments(0) | Trackback(0) | 日記

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

FC2Ad

プロフィール

真誉

Author:真誉

好きな言葉は
『急ぐ旅でなし』

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。