スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

親戚が一堂に会すると

だれかひとりは絶対、お見合いの話をもちかけてくるのは、
なんでだろうね。

で、今回、ちょっと悔しかったこと。
と、言うか、ものすっごく悲しかったことをひとつ……。

まぁ、昨日お通夜やって、
で、今日、火葬場行ってからお葬式だったんだけど、
火葬場に行く予定の時間がやたら早かったのね。

で、最初の予定だと、お通夜やって、その日は一旦家に帰り、
次の日にまた告別式に来ようって話になってたんだけどね、
火葬場に行く時間がやたら早いから、
泊まるだなんだという話になったんだよ。

でもまぁ、ウチには3匹も犬がいるわけでさ、
連れてけないかって話にもなったんだけど、
置いておく場所もないし、
じゃぁだれか1人、火葬場には行かずに、
犬の世話をしにいったん家に帰ろう、
って話になったんだよ。

で、まぁ、その役があたしに回ってきたのね。
……そこまではいいんだよ。そこまでは。

問題なのは、おかーとおねーが泊まった場所……。

……温泉宿だった……。
しかも露天。

露天!!!!!

「浴衣選べたよ♪」なんてメールまで律儀に寄こしやがって!!
こちとら寒空の中、電車で2時間以上もかけて
帰って来てるって言うのに!!
あたしが風呂好きなの知ってるくせに!!!
しかも、おかーが「旅行嫌い」とか言う上に
犬がいるから、家族旅行なんて幼稚園以来行ってないのに!!

思い出しても涙が出る……。


…そういえば(全然関係ない話だけど)
ミニのオーバーフェンダーのモール(銀のふち飾り)を、
片側だけごっそりどこかに落としてしまったらしい。
走ってる途中で落ちたのかなぁ。
で、今、右はモールついてるのに、
左側はモールのない、かっこわるい状態に……。
でも、そのかっこわるい状態でも様になってるから
ミニはいいよなぁ♪(←親バカ)

スポンサーサイト

2006.11.30 | Comments(0) | Trackback(0) | 日記

4度目の正直

正直。
って言うのは不謹慎かもしんないけど、
おばあちゃんが亡くなりました。

何が4度目かってっと、
何年も前から、もうほとんど意識もないような状態で、
何度か(覚えてるだけで3回)「そろそろ危ない」って
言われ続けて、今日、
とうとう。

……とうとう、祖父母全員、いなくなってしまったなぁ。
と、しみじみ。果ては父親までいないけど……。


って、いうか、今、
おねーのせいで、とうとうMacが逝っちゃったかと思って……
……ちょーびびったーー;
……ドキドキ。

2006.11.28 | Comments(0) | Trackback(0) | 日記

ウッドストックの傘パクらった!(`ε´)

いったんは書くのをとどまったんだけど、
なんか悔しいので、やっぱ書く。

知ってる人は知っている…
じつはあたしの傘、500円のビニ傘に、
ウッドストック(スヌーピーのあの黄色い友達)の絵を
描いてあったのね。

何で描いたかってっと、
いちばんの目的は、盗難防止だったのさ……。
実際、ウッドストック描いてからは、
ほんとに盗まれなくなってさぁ、
かれこれ、あの傘、1年以上使ってたかなぁ。

……って、500円のビニ傘を、1年以上使う、
この物持ちのよさ……サビとかぜんぜんなかったし……
……すげぇよ自分。

けど、パクられた……。
昨日、バイト先の忘年会に行った先で……。
ウッドストックパクられた~~!!

…次はウッドストック3匹描いてやる……。

でも、あの傘パクった人は、
きっと、傘開いてびっくりしたろう……。
……しめしめ( ̄m ̄〃)

2006.11.20 | Comments(0) | Trackback(1) | 日記

思ったように…

はかどらない。

只今、絵本製作中……。
コンテストの〆切りまで1ヶ月きったのに、
まだ下描き半分もできてないなんて……どうよ。

下描き作業って、たぶん、全行程の中で、
いちばん集中力が続かない作業…。
どーしてかね~。ぷっつぷっつ集中切れる……。
そんでもって「のだめ」読み始めちゃったからさぁ大変。
…なんか、ドラマやってるから、
読み返したくなっちゃったんだよぅ。
しかも、のだめ読んでると、どうにもピアノ弾きたくなるし…
で、弾くし……。

……ぅぅ~。明日には下描き済ませないと……まずい……。

2006.11.14 | Comments(0) | Trackback(0) | 日記

ぐるりのこと(梨木香歩 著)

著者だけ見て借りたら、うっかり、エッセイだった。
や、論文…に近いのかなぁ。…論文と言うには、エッセイに近いような…。
まぁ、中間?

ぐるり。つまりは、自分の身の回りのことらしい。
とはいえ、境界の話に始まり、相対する物ごとだとか、
物ごとの派生、意味、群れと個体の関係性……などなど……。
正直言って、けっこう難しかったっス……。
こういう文章読むのは、高校卒業して以来だよ。

でも、この本読んでよく伝わってきたのは、
戦争を続けるアメリカへの憤りと、
スピリチュアル的なものに対する尊敬の念と
草木や地霊に対する愛情。

ともあれ、梨木さんの物事の捉え方が、なんとなく分かった気がする。
こういう捉え方をする人だから、あんな文章が書けるんだなぁ…と。
「家守気譚」の、あらゆるものが対等なあの感覚。
ステキです。

また、梨木さんの本借りて来よう。
こうなったらもう、図書館にある梨木さんの本を網羅してしまえ。

っと…………え………絵本描かなきゃ………
………本読んでる場合じゃなかった……。

2006.11.08 | Comments(0) | Trackback(0) | いろんな感想

ある人物への追悼本。

昨日mixiで見た、友達の日記を受けて、
ちょっと思い出したので、ここにヒトツ。

ちなみにテーマは「自由と孤独」。重いっす。長いっす。

あたしもその友達同様、
自由ってのは孤独の伴うものだと思ってたんだけど、
ある本読んで、その考えが覆ったんだ。
まだ印刷会社に勤めてた頃、
本の装丁のデザインをすることになった時、
資料として渡された本がそれ。

それが、とある人物への追悼本。
故人への思いとか思い出を、たくさんの人が綴った本。
そのとある人物ってのが「自由でいながら、人の集まる人」
だったんだ。

その人は別に、偉大な人じゃなかったよ。
本って言っても、フツーに売ってる本じゃなくて、
たぶん、その人が死んだあと、
それを惜しんだ知人友人が、資金を出し合って作った本だった。

その人の肩書きだけ見ると、
人としてどうなの?って感じなんだよ。
だって、たしか40半ばで、無職。独身で家もない。
どう生活してたかと言えば、
喫茶店を経営している姉に食べさせてもらっていた。
もしくは、友人からの融資。

そして、突然の死。
病気とかでなく、泥酔して。田んぼに落ちて。
2月の寒い、雪の降った日だったらしい。

でも、その人は、みんなに慕われてた。
この人の死に方を、
「おまえらしい死に方だ」
って、多くの人が言ってた。
死に顔は、笑顔だったらしいよ。
自由に生きて、笑って死んで。

この本、読み始めたらもう興味がすごい湧いてきて、
結局、仕事の合間合間に読んで、読破してしまった。
途中、何度も泣きそうになる場面があったけど、
さすがに仕事中に泣きながら読むわけにもいかなくてさ……。
でも、この人、ほんとにいろんな人に愛されてた。
たぶんみんな、この人の奔放さに惹かれたり、
救われたりしてたんだろうなぁ。

人徳、ってやつだろうか。
こんな人間になりたいなぁと、漠然と思ったりもしたんだよ。
(無職云々はともかく!無職はまずい。無職は…)


っってなことを、うつうつと考え込んでいたら、
今日バイトに遅刻しそうになったよ☆

2006.11.07 | Comments(0) | Trackback(0) | いろんな感想

«  | HOME |  »

FC2Ad

プロフィール

真誉

Author:真誉

好きな言葉は
『急ぐ旅でなし』

カレンダー

10 | 2006/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。